富山の大工職人 こだわりの家づくり

大工職人のこだわりと確かな腕が作り出す“職人品質の家”

谷口ホームには、確かな技術を持った大工がいます。大工は、施主様の住み心地を最優先に考えて仕事をしています。家づくりへの思いを、ぜひ私たちに聞かせてください。現場を知っている大工だから、ご予算に応じたきめ細かな提案も可能です。経験で培った技を活かし、手仕事にこだわって、長く住み続けられる家を造ります。

谷口ホームの大工職人

大工が造る木組みの家

新築の木造軸組工法住宅では、年々プレカット材を利用することが多くなっているそうです。それは、木のクセを読んで刻むことのできる「本物の大工」が減ってきていることを意味しています。工場で加工される木材を使えば、工期は短くて済むかもしれません。しかし、木というものは一つひとつ異なる性格を持っているものです。機械で均一にカットされた木材は、便利な反面、その木が持つ本来の良さを発揮できないまま組み立てられてしまう可能性があるのです。
谷口ホームでは、自社の加工場で、大工が木材を刻んでいます。大工は自分の頭の中で家の構造をイメージし、それぞれ異なる木のクセを見極めて、性質に合わせてどこに使うかを振り分けていきます。これは、熟練の技を持った大工、しかも材料と真面目に向き合える大工にしかできないことです。
木を使って家を建てるのだから、「木にふさわしい構法」で建てるのが大原則です。谷口ホームでは、昔から受け継がれてきた方法で、木と木を組んでいきます。木が割れたり、反ったりするのは、生きている木が持っている本来の性質なので、大工にはその個性を見抜く力が求められます。「木が狂う」ことも含めて素材の持ち味として受け入れ、弱点をカバーしながら組んでいくことが大工の技だと言えます。

柱となる木材
木を使って家を建てる

顔の見える関係を大切に

谷口ホームは、本当に満足できる家づくりを真剣に考えている職人集団です。住まわれる方が快適に過ごせるよう、1棟1棟に真心を込めて仕事をしています。大工としての技術に誇りを持ち、施主様との信頼関係を大事にしてきました。そのようなお付き合いのなかから、新しいお客様を紹介していただけることもあります。
最近の施工例では、純和風だけでなく洋風の家も増えてきました。ライフスタイルや家族構成の変化に合わせて、建て替えやリフォームをされるお客様もいらっしゃいます。谷口ホームでは、プランニングや設計も自社のスタッフが対応するので、打合せもスムーズ。施主様のさまざまなこだわりを、現場での経験や知識を踏まえて形にしていきます。一貫して顔の見える安心感と、現場の大工の技術力で、お客様の思いにしっかり応えます。

谷口ホームの施工した家

住むほどに、愛着のわく家

木を活かす伝統構法の家づくりは、施主様との関わりのなかで初めて成り立つものです。「完成品を売る」のではなく、建てた後も手をかけていくということです。木の家は時が経つごとに変化していきます。補修が必要になる場合もありますが、直してあげながら、大事に長く住み続けるのが木の家との付き合い方だと思います。

谷口ホームの施工した家